使い方
2018.05.03

紫外線ダメージを最小限に抑えるスキンケア

こんにちは。
いよいよ5月、紫外線量がグッと増える季節です。
これからの季節はUVケアが大事!!
日傘をさしたり、日焼け止めをしっかり塗りましょう。
SPF48PA+++のUVクリームは下地にもボディにも◎
しっかり防いでいきましょう!!


しかししかし!!その前に。大事なのは「保湿」です!
なーんだ、保湿かと思う方もいるかもしれません。
しかし保湿を侮るなかれ!なのです。
なぜなら、乾燥した肌はバリア機能が低下し、外的刺激に弱くなります。
つまり…同じ紫外線を浴びても乾燥している肌の方が、紫外線ダメージを受けやすくなってしまうんです。

なので、スキンケアではたっぷりの化粧水を使っていきましょう。
保湿のキーポイントは化粧水の使用量!
なぜそんなにたくさん使わなきゃいけないかというと…
そもそも、お肌=角層にはバリア機能の役割があります。
外からの刺激を体内に入れないようにブロックするのが役目なので、そう簡単に水分補給することはできないのです。
パパッとつけても本当に角層の表面の表面を濡らす程度。
じっくりたっぷりなじませることが大事です。
ではどのくらい使うの?というと・・・福美水なら約3回は重ねるくらいがベスト。
顔をおでこ、目元からほお、鼻の下からあご&フェイスラインと3パートに分け、化粧水を手にとったら1パート×3回のせていくと、ムラなく適量のせられます。

そして時間がある連休などにぜひやっていただきたいのがコットンにひたひたに含ませたコットンパック。
コットンパック、実は奥深いのです。なぜ事あるごとにご紹介しているかというと、威力絶大だからです(笑)
コットンパックによって肌と化粧水が一定時間密着し、ハンドプレスされたようにじんわりと肌に浸み込ますことができ、化粧水が角層にしっかりいきわたりやすくなります。

3枚のコットン隅々にまで化粧水をヒタヒタに浸み込ませ、ほおとおでこの3か所に10分パック。
コットンは割かずに、1枚で使うのがベストです。
(薄いコットンだと10分経たないうちに乾燥してしまう可能性があるので・・・)
この間に歯磨きしたり、ヘアを整えたり、ながら美容をしてくださいね。

10分経ったらコットンをはずします。
注意したいのは、コットンが乾く前にとること!
乾いてしまうとせっかくお肌になじませた化粧水をまた吸ってしまい、お肌の乾燥が始まってしまいます・・・。

コットンをとった後、その部分のお肌を鏡でよーく見ると、キメが整い透明感もアップ、毛穴も小さくなっているはず。
みずみずしくてやわらかなお肌になっているのがわかると思います。
この状態!!これが角層に水分がいきわたった状態なのです。これをぜひよく覚えてください!!
この状態を作ってからエッセンスミルクを重ねましょう。

こうして保湿したお肌なら化粧ノリもよくなり、肌のバリア機能もアップ!
トラブルの起こりにくい肌になるんです。

エッセンスミルクまで完了したら、手のひらでお肌をチェック、手がお肌に吸い付くような感じがあれば保湿は完璧です。
その状態になってはじめて、日焼け止めを塗るようにしてくださいね。

毎日続けると俄然お肌が変わります!
乾燥やくすみ、毛穴の開きなどが改善されたというお客様は多いです。
ぜひこれからの紫外線の季節にお試しください♪

FUKUBISUI UVクリームはコチラ
http://shop.fukubisui.com/i/item-09
FUKUBISUIはコチラ
http://shop.fukubisui.com/i/items-19
FUKUBISUIコットンはコチラ
http://shop.fukubisui.com/i/item-08
FUKUBISUIエッセンスミルクはコチラ
http://shop.fukubisui.com/i/fukubisui-essence-milk


ページトップへ