使い方
2017.12.19

FUKUBISUIで乾燥対策 ~クレンジング編~

こんばんは。
本格的な冬になり、お肌の乾燥のお悩みを聞くことが多くなりました。
私も昔は乾燥を気にしたことがありましたが、
FUKUBISUI(福美水)を使うようになってあっという間に克服しました♪
乾燥対策こそFUKUBISUI(福美水)が得意とするところ!!
FUKUBISUI(福美水)のスタッフやお客様でも、今や「乾燥」を訴える方はほとんどいないです。
乾燥でお悩みの方はぜひFUKUBISUI(福美水)オススメします。

特に特殊な使い方をするわけでもなく、
通常のステップでFUKUBISUI(福美水)を使っていただければ恐らくほとんどの乾燥は解決するとは思うのですが、
それでも乾燥してしまう方(が、もしもいらっしゃいましたら…)
また、
もともとひどい乾燥肌でこれからFUKUBISUI(福美水)をお試しになる方、
そんな方に向けて、乾燥肌のためのFUKUBISUI(福美水)の使い方をご紹介します。
これできっと「乾燥」とは無縁のお肌になれるはず!!

今回はクレンジング編。
乾燥というと、美容液やクリームでなんとかしようと考えがちなのですが、
実は乾燥はクレンジングの時点で始まっている可能性大!
メイクの濃さ以上に強い洗浄力のものを使ったり、
ゴシゴシこすったり、
熱いお湯で洗い流すなど
クレンジングが間違っていると、乾燥がどんどん進んでしまいます。。
クレンジング選びやクレンジングの使い方を見直すだけでお肌はかなり変わります。
洗顔後、すぐつっぱるという方は要注意。
今すぐクレンジングを見直しましょう!

まずクレンジング選び。
乾燥対策にはミルクタイプがマスト!です。
ミルクは洗浄力も穏やかで肌をやわらかく仕上げてくれるので
その後の化粧水のなじみもよくなります。
FUKUBISUIのクレンジングミルクはなんと美容成分91%でできています。
3種の美容オイルを贅沢に使っており、使えば使う程お肌が喜ぶクレンジング。
和ハーブエキスでが乾燥で荒れた肌を整えてくれるので早く改善に向かいます。
アイメイクやリップメイクが落ちにくい時はその部分だけリムーバーやオイルクレンジングを部分的に使い、
その他の部分はミルクを使うというように部位ごとに使い分けてもOKです。

次にクレンジングの使い方。
クレンジングは気持ち多めの量(FUKUBISUI(福美水)クレンジングミルクなら4プッシュ以上)を使いましょう。
これは、手が直接肌をこすらないように、クレンジングにクッションの役目をもたせるためと
ゴシゴシこすらなくても手早くしっかり汚れを落とすためです。
(量が少ないと本来の洗浄力が発揮できず、メイクが落ちにくいので、ついこすって落とそうとしてしまいます…)
肌に負担をかけずメイクを落とすためにも量は大事ですよ。
そして何しろやさしくメイクとなじませましょう。
決してゴシゴシこすってはいけません!!
(こすると肌が傷つきそこから乾燥や色素沈着が進むなど、肌を傷める原因となります…)
汚れ落ちが悪いなと思ったら一度洗い流して、もう一度洗うようにしましょう。

また、短い時間で手早く洗うのもポイントです。
クレンジングを顔にのせておく時間は1分程度におさめましょう。
(洗浄剤なので長い時間のせておくと乾燥の原因に。)

そして洗い流しの際はお湯の温度に気を付けて!!
冷たすぎると毛穴が締まり汚れが落ちにくくなりますし、
熱すぎると乾燥の原因となります。
適度な温度は熱くも冷たくもない温度です。
温度が設定できたらたっぷりのお湯で丁寧に洗います。
顔全体を6分割くらいに分けて各部位10回ずつは洗い流すつもりで…
(すすぎ残しは肌トラブルの原因に。)

最後に、顔を拭く時の摩擦に注意!!
タオルでゴシゴシはNGですよ。
タオルは肌にできるだけ触れないように、そっと水気を吸い取るだけです。

またダブル洗顔をしているという方!!ちょっと待って!!
30代を過ぎたら、毎日ダブル洗顔は洗いすぎかも。
洗顔ソープを使うのは週に1~2回程度、特に乾燥でお悩みの方は週に1度で十分です。


いかがでしたでしょうか。
どこか当てはまるところがありましたら
まずはそこから見直してみてください!
驚くほどお肌が変わるはずですよ!

FUKUBISUI(福美水)クレンジングミルク
http://shop.fukubisui.com/i/fukubisui-cleansing-milk

ページトップへ