開発秘話
2017.07.18

FUKUBISUI(福美水) 開発秘話①

こんにちは。
今日はシリーズ第一弾でもあり、一番人気の「FUKUBISUI(福美水) 顔・からだ用化粧水」
の開発の舞台裏を一部ご紹介したいと思います。

美の福の神が運んできてくれたお水・・・そんな想いをこめて名づけたのが
第一弾として出来上がった「FUKUBISUI(福美水)」。

実は当初はこの化粧水だけを数年販売しておりました。
とにかく「こんなのほしかった!」という化粧水を純粋に形にできるだけで満足で
他のラインを作ろうという気は毛頭ありませんでした。
(じゃななぜ他のラインも作ったのか!?というお話はまた後日!)

何しろ、敏感でアトピーやアレルギーがある私の肌でも安心して使えるものがほしい!
そこで、”保湿”と”肌荒れを防ぐ”ことを目的に、
オールシーズン通して使える全身用ローションとして作ったのがこのFUKUBISUIです。
何度も何度も自分たちの肌で試し、何年もかけて出来上がりました。

本来、化粧水の目的は、洗顔後の肌を整え、
次に使うアイテムが角質層まで浸透しやすいよう、整えてくれるというもの。
例えば、乾いた土にいきなり肥料をあげるより、
一度水分を含ませた土へ肥料をあげた方が栄養が浸透されやすいのと同じような考えですね。

なのでこのFUKUBISUI(福美水)を洗顔後一番はじめに使って
次に使う美容液などの栄養が浸透しやすくなるよう、肌を整えてほしいのです。
そこでテクスチャーはお水のようなシャバシャバ系に。
お肌はサラッとしたものから、だんだんこっくりとしたものを重ねていくのが一番肌になじみやすい。
だから実はテクスチャーは結構大事なんです。

そして、洗顔で皮脂膜を失った無防備なお肌を守るため、水分が乾かないうちに
顔からつま先まで全身にバシャバシャとたっぷりなじませます。

この”たっぷりバシャバシャ”もこだわりのひとつ。
化粧水はたっぷり使わなければ意味がない!
惜しみなく全身に使えるよう、500mlの大容量にしました。

1本1か月で使い切るのが目安です。
というと、お客様によく驚かれるのですが、
裏を返せば、そのくらいたっぷり化粧水を使うのがベストということ。
するとお肌が「水分で満ち足りてるってこういうことよ」と身をもって教えてくれます。
そして、次に使うコスメのなじみが格段によくなりますよ。

ということで、化粧水を使う時は
ぜひたっぷりバシャバシャを意識してその違いを実感してみてください!

FUKUBISUI(福美水)
http://shop.fukubisui.com/i/fukubisui

ページトップへ